google-site-verification=9Hq2345ryA3DRfXLh3W_WLqNp07yS2W8gHjgM458DFY

果糖ブドウ糖液糖とは?砂糖や人工甘味料との違いは?

食品ラベルでよく見かける「果糖ブドウ糖液糖」。

ジュースやお菓子類でよく使われている甘味料なので、子供も口にする機会は多いです。

人工甘味料は身体に悪いなんて聞いた事がありますが、人工甘味料と同じように「果糖ブドウ糖液糖って何?大丈夫なの?」と思う人も多いでしょう。

この記事では、果糖ブドウ糖液糖の身体への影響や砂糖や人工甘味料との違いについてお伝えします。

<スポンサーリンク>

果糖ブドウ糖液糖とは

果糖ブドウ糖液糖とは、果糖(フルクトース)とブドウ糖(グルコース)を混ぜ合わせて作られた甘味料です。

別名「異性化糖」とも呼ばれます。

主原料はトウモロコシのデンプンを利用しており、砂糖よりも安価であるため、加工食品やジュース類に多く使われています。

人工甘味料のアセスルファムやスクラロースとは別の分類になります。

果糖ブドウ糖液糖は身体に悪い?

果糖ブドウ糖液糖は果糖(55%)とブドウ糖(45%)の割合で作られています。

フルクトースとは果物に含まれる甘味成分です。

グルコースとの違いは血糖値を上げない事。

この血糖値を上げないというと、一見身体に良さそうですがそうでもないんです。

グルコースは身体の至る所で使用する事ができます。

脳やら筋肉やら身体の各細胞のエネルギー源として使われるため、血液中を循環して身体の隅々まで運ばれるので、血糖値が上がるわけです。

一方、フルクトースは肝臓でのみしか代謝ができないため、血液中を循環して各細胞で利用するという事が出来ないのです。

フルクトースは肝臓に溜まって、血液中を循環する事がないので血糖値にはあまり影響しないのです。

要するに、血糖値には影響しないが肝臓には蓄積されているという事。

しかもフルクトースの代謝は肝臓でしか出来ないため、多く取り過ぎると代謝するのが難くなります。

そのためフルクトースの過剰摂取は、内臓脂肪の増加の原因となり最終的には脂肪肝になるリスクが高まります。

結論をいうと、「摂り過ぎは身体に悪い」です。

ちなみに、フルクトースは果物に含まれる成分なので、果物も良くないのかと疑問に思うかもしれませんが、果物そのもので摂る分にはあまり気にしなくても大丈夫です。

果物そのもので摂る場合は、果物に含まれる食物繊維が糖の吸収を抑えてくれますし、果糖の量もさほど多くありません。

加工されて抽出された高濃度のフルクトースが身体に悪いわけです。

<スポンサーリンク>

砂糖との違いは

砂糖はスクロース(ショ糖)とも呼ばれ、グルコース(50%)とフルクトース(50%)が1:1の割合で結合して出来ています。

原材料はサトウキビやテンサイから加工されて作られています。

果糖ブドウ糖液糖との違いは、グルコースとフルクトースの割合が微妙に違うこと。

砂糖も果糖ブドウ糖液糖と同様に高度に精製されたものに違いなく、大差はありませんが、どちらを選んだ方が良いのかであれば、砂糖を選んだ方が良いでしょう。

砂糖の中でも、きび砂糖やてんさい糖などはミネラルやオリゴ糖などを含んでいるため、砂糖を選ぶのであれば白砂糖よりもきび砂糖やてんさい糖を選ぶと良いです。

人工甘味料との違いは

人工甘味料は化学物質であるため、食品が原材料として使われていません。

ブドウ糖や果糖といった食品に含まれる甘味成分を使っていないので、血糖値も上げないし、低カロリーであるため、一時期は糖尿病の人に有効な甘味成分として使われていましたが、その後無糖やダイエット食品、カロリーオフを謳う商品にも使われるようになりました。

しかし、後に研究が進むにつれて、肥満や糖尿病の改善には効果がないばかりか、常飲すると脳血管障害や心臓病などのリスクが上がる結論の報告が出てきた事もあって、「人工甘味料は身体に悪い」という風に世間でも広まっています。

血糖値を上げずに低カロリーにも関わらず、肥満や糖尿病に効果がないのは、砂糖よりもインスリン値を上げてしまうからだそうです。

人工甘味料が特別インスリンの分泌を上げるわけではなく、砂糖や果糖ブドウ糖液糖でもインスリンは多く分泌されますので、人工甘味料だけが悪いわけではありません

脳血管障害や心臓疾患の増加のリスクの懸念があるため、避けておくに越したことはないかもしれませんが‥‥。

果糖ブドウ糖液糖と人工甘味料、どちらが良いのかはハッキリとは言えませんが、原材料が食品である果糖ブドウ糖液糖の方が化学物質である人工甘味料より個人的には良い気がします。

健康の事を考えるのであれば、どちらが良いというよりも、どちらも取り過ぎないように意識するのが良いでしょう。

まとめ

果糖ブドウ糖液糖は砂糖よりも安価であるため、加工食品やジュース、お菓子などに使われる事が多いです。

グルコース(ブドウ糖)よりもフルクトース(果糖)が多く含まれていますが、フルクトースの取り過ぎは良くありません。

その理由は、グルコースは身体の至る所にある細胞で使われますが、フルクトースは使えません。

フルクトースの摂り過ぎは肝臓に溜まってしまうため、内臓脂肪の増加や脂肪肝のリスクがあります。

砂糖や人工甘味料とは別物になりますが、どれが特別に良いというのはなく、糖質と甘味料は取り過ぎないように気をつけるのが大事です。

「結局、選ぶとしたら何が良いの?」と思われた方は、【砂糖>果糖ブドウ糖液糖>人工甘味料】の順で選ぶと良いでしょう。

これで今回の内容は以上でーす。

最後までお読みいただきありがとうございました。

質問や感想などあればコメント下さい。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*