ポリフェノール効果でアンチエイジング

「赤ワインが身体に良い。」という話は聞いた事がありませんか?

実はこの話は事実で、その理由はポリフェノールがたくさん含まれているからです。

ポリフェノールってよく聞くけど、どんなものなのか詳しく知らない人も多いでしょう。

このポリフェノールの効果でアンチエイジングの効果が期待出来るとしたら興味ありませんか?

この記事ではポリフェノールによるアンチエイジング効果について紹介していきます。

<スポンサーリンク>

ポリフェノールとは

ポリフェノールとは、植物が作る色素やアクなどの成分の総称で、その数は数千種類あります。

このポリフェノールには、抗酸化物質であり抗糖化物質でもあり、アンチエイジングには欠かせない物になります。

老化の原因は「酸化」と「糖化」です。

老化の原因「酸化」と「糖化」に注意!

このどちらも防いでくれる物質となると、老化防止効果はかなり期待出来ます。

ポリフェノールは一度に大量に摂取したからといって、効果が上がるわけではないので、毎日こまめに摂取する事ようにすると良いでしょう。

では、日常的に摂取するためにはどのような物があるのか紹介していきます。

<スポンサーリンク>

ポリフェノールが含まれる食品

赤ワイン

赤ワインにはポリフェノールがたっぷり含まれています。

プロアントシアニジン、レスベラトロール、ケルセチン、カテキンなど抗酸化作用の強いポリフェノールが身体を守ります。

研究の結果、赤ワインが動脈硬化の原因である悪玉コレステロールの酸化を防ぐ事が分かっています。

また、余談ですが白ワインも悪玉菌を撃退して腸内環境を整える作用がある酒石酸やリンゴ酸などの有機酸が含まれており、大腸がんの予防が期待出来ます。

ワインは「古代からの呑む治療薬」とも言われ、健康に良い飲み物です。

安い物でも効果は同じで、糖質が少ない辛口を選びましょう。

緑茶

緑茶はカテキンが有名ですが、このカテキンもポリフェノールの一種です。

カテキンには殺菌作用や悪玉コレステロールを減らしたり、がんの予防効果などが期待出来ます。

また、AGE(終末糖化産物=老化の原因になる物質)が出来るのを90%以上抑える効果があったり、抗酸化作用の高いビタミンACE全て含まれている非常に優秀な飲み物です。

「朝茶は七里帰ってでも飲め」ということわざがあるほど栄養価のある飲み物です。

チョコレート

チョコレートにはカカオポリフェノールが多く含まれており、高い抗酸化・抗炎症作用をもっています。

がんや動脈硬化の予防が期待出来ます。

チョコレートにはナイアシン、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、リンなどのミネラル類も豊富に含まれており、身体を整えてくれます。

チョコレートはカカオ70%以上の物を選び、一日当たり30~50gが適量と言われています。

糖分の多い甘いチョコレートやミルクチョコレートなどでは効果は期待できません。

コーヒー

コーヒーもポリフェノールが多い飲み物です。

一日3杯以上コーヒーを飲む習慣がある人はシミが少ないという研究結果があり、コーヒーに抗酸化作用がある事が分かっています。

コーヒーを飲む時はブラックコーヒーで。

市販されているブラック以外の缶コーヒーには大量の砂糖が入っているため、健康には悪影響を及ぼしてしまいます。

ブルーベリー

ブルーベリーにはアントシアニンというポリフェノールの一種が含まれています。

アントシアニンには老化物質のAGEを減らす効果と視力回復の効果が期待出来ます。

スマホやパソコンによる疲れ目の回復や白内障などの目のトラブルにも役立つ果物です。

最近では、老化を防ぐだけでなくしわやたるみ、くすみなどの肌トラブルにも役立つことが分かってきています。

果物で気になるのは糖質ですが、果物の中では糖質が少ないというのもブルーベリーの特徴で、安心して食べられます。

ポリフェノールの理想的な取り方

ポリフェノールは水溶性で即効性が高いのが特徴的です。

そのため、ポリフェノールを摂取しての効果は3~4時間。

毎日こまめに摂取するのが理想的です。

まとめ

ポリフェノールの種類は8000種類以上とも言われており、様々な食材で取る事が出来ますが、多く含まれている代表的なものを今回紹介しました。

ポリフェノールは抗酸化作用や抗糖化作用、抗菌作用などがあります。

身体の酸化・糖化を防ぐ事で老化防止や肥満予防、疲労回復など健康的で若々しく生きるために必要な物質です。

毎日の食生活で意識して摂取する事が大切です。

おすすめの記事