google-site-verification=9Hq2345ryA3DRfXLh3W_WLqNp07yS2W8gHjgM458DFY

頸椎症

手のしびれは何科に行くべき?考えられる原因は?

手のしびれって気持ち悪くて嫌ですよね?

しびれだけであれば「わざわざ病院に行くものなー。」と思う人も多いでしょう。

たまにしびれるくらいであれば、あまり気にならないでしょうが、常にしびれていたり、しびれの症状が長期化してくるとこのままにしておいていいのか悩みますよね?

しびれは首からくるものもあれば、腕を通っていく神経の通り道での障害、その他の病気が原因になる事もあります。

病院に行こうにも何科にいけばいいのか分からないですよね?

今回はしびれの症状の原因と疑われる疾患についてご紹介します。

ご自身の症状と照らし合わせてみて下さい。

手のしびれの原因

手のしびれといっても、考えられる原因は様々あります。

まずはしびれの原因として考えられる疾患について挙げてみましょう。

頸椎症(頸椎症性神経根症)

首の骨である頸椎の問題で起こります。

頸椎の変形やストレートネックなど頸椎の関節の動きが悪くなったり、アライメント(骨の位置関係)が悪くなる事が原因になります。

頸椎からは腕を動かしたり感覚を支配する神経が出ていますので、頸椎が悪くなる事によって手の症状が出現します。

ほとんどは片側に症状が出て、首を動かす方向によって症状の増減があります。

頸椎ヘルニア

頸椎症と似ていますが、こちらは頸椎の椎間板が脊髄神経を圧迫することで起こります。

頸椎症と同様に片側に出る事が多いですが、ヘルニアの程度や神経の圧迫の仕方によってはまれに両側に出る事もあります。

胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)

頸椎から出て腕や手の方に神経が通っていく途中の通り道が狭くなる事によって、痛みやしびれなどの様々な症状を引き起こす疾患です。

首の筋肉や鎖骨の間などを通って腕の方に神経が通っているどこかで神経や血管が圧迫されることによって起こります。

末梢神経障害

胸郭出口症候群と同様に首や鎖骨などを通り抜けた後の神経の通り道のどこかで神経や血管の圧迫が起こる事で症状が出現します。

これは神経を圧迫しやすい部位によって色々な病名があり、「手根管症候群」「回内筋症候群」「ギヨン管症候群」「肘部管症候群」「回外筋症候群」などの疾患があります。

これらについては次の項の「しびれの出る部位によって分かる疾患」で説明します。

糖尿病

糖尿病の症状は「糖尿病性網膜症」「糖尿病性神経障害」「糖尿病性腎症」が3大症状と言われています。

このうちの神経障害の影響で手先のしびれや感覚障害なども起こります。

脳血管障害

脳梗塞や脳出血などの脳血管障害によっても手のしびれは出現します。

脳血管障害の場合は、しびれ以外にも麻痺による筋力低下、呂律(ろれつ)が回らない、下肢の症状や歩行障害、バランス障害など様々な症状が出ます。

糖尿病や脳血管障害もしびれの原因として挙げましたが、糖尿病であれば内科へ脳血管障害であれば脳神経外科へ受診しましょう。

その他の疾患は主に整形外科で取り扱われる疾患です。

病院を受診しようと思っても何科にかかればいいのか分からない場合は、神経障害やしびれなどの症状を取り扱う事が多い整形外科にとりあえず相談してみても良いかもしれません。

それでも迷うようであれば、かかりつけ医でも誰でも良いと思います。

医師たちはそれぞれ専門分野がありますので、疑われる病気の専門医に紹介してくれるはずですよ。

では、次からはしびれの部位で分かる疾患についてもう少し詳しくみていきましょう。

しびれの出る部位によって分かる疾患

手の神経は「正中(せいちゅう)神経」「尺骨(しゃっこつ)神経」「橈骨(とうこつ)神経」の3つに分かれています。

正中神経は手のひら側の親指から中指まで

尺骨神経は薬指と小指の手のひらと手の甲の両方

橈骨神経は親指から中指にかけての手の甲の部分

を支配しています。

末梢神経障害は脊髄から出た神経が頸椎を通った後に、各神経が自分の担当領域まで進む途中で神経が圧迫される事で起きます。

神経は筋肉の間や神経を通すためにトンネルを通ったりするので、その筋肉が硬くなっていたり、トンネルが狭くなってしまう事で末梢神経障害が出てしまいます。

それでは各神経ごとにどのような症状があるのかみてみましょう。

正中神経障害

手根管(しゅこんかん)症候群

手関節の真ん中にある手根管というトンネルが狭くなる事で起こる障害です。

母指から中指にかけてのしびれや筋力低下が起こり、母指球部分がやせ細ってしまう事もあります。

・回内筋症候群

正中神経は円回内筋という筋肉の間を通ります。

この円回内筋が硬くなってしまう事で、母指から中指のしびれの症状が出現します。

回内筋の役割は手のひらを下に向ける動きを行います。

手のひらを下に向けての作業(パソコンや書字など)で力の入りにくさがあるなどの症状は回内筋症候群かもしれません。

尺骨神経障害

・肘部管症候群

尺骨は肘の内側にある肘部管というトンネルを通ります。

肘の内側をぶつけると肘や小指がジーンと痛くなるのは、この肘部管近くにある尺骨神経によるものです。

・ギヨン管症候群

手首の小指側にギヨン管という尺骨神経を通すトンネルがあります。

このギヨン管に圧迫や狭窄が起こることで薬指と小指の手のひら側のしびれなどが起こります。

別名サイクリスト麻痺とも呼ばれ、ロードバイクに長時間乗るとハンドルを持つ位置によってはギヨン管を長時間圧迫してしまい、しびれや力が入りにくいといった症状が出現します。

橈骨神経障害

橈骨神経は上腕の後方部分(二の腕)を回って手先の方に神経を通します。

腕枕をして長時間二の腕部分が圧迫される事で神経麻痺が起こります。

下垂手(かすいしゅ)といって手首から先がダラリとぶら下がってしまうような状態になる事があります。

男性が女性を腕枕して寝た後に良く起こることから、ハネムーン麻痺やサタディナイトシンドローム(土曜日の夜の麻痺)なんて言われている障害です。

しびれの部位としては親指側の手の甲付近にしびれや感覚障害がありますが、下垂手の場合は手首から先が動かない症状のインパクトが強すぎて、しびれはあまり気にならないかもしれません。

・回外筋症候群

橈骨神経は回外筋の間を貫いて指先の方まで神経を通します。

回外筋が硬くなったりしていると神経が圧迫や動きが悪くなってしまい、しびれの症状などを出す原因となります。

以上が、首から出た後の神経の通り道で神経障害を起こしやすい部位です。

それでは最後に今回の内容をまとめていきましょう。

まとめ

手のしびれの原因は様々ですが、頸椎や神経が腕を通っていく通り道で神経が圧迫されて起こる場合が多いです。

手のしびれている部分が明確に分かり、末梢神経の担当している部位に当てはまるようであれば、末梢神経の障害が疑われます。

末梢に行くほど神経は枝分かれして一緒に通る神経の数が少なくなるので、末梢神経の支配通りの部位に症状が出やすいという特徴があります。

反対に首を動かして症状の増減がある場合や「手が全体的に~」「腕全体が~」などしびれが出ている部位がハッキリとしないのは頸椎や胸郭出口症候群に多い症状の出方になります。

その他にも糖尿病や脳血管障害、神経の病気などでもしびれは起こりますが、何科にい行くべきか悩んだら整形外科で相談してみましょう。

首の痛みと手の痺れの原因は頸椎症かも。有効な体操は?

首の痛みや腕から手にかけての痛み、痺れなどが出てしまうのは首の骨である頸椎が問題になっている事が多いです。

首回りのストレッチをしようにも痛くてできない場合や首を動かすと痛みや痺れが出てしまう事も多いでしょう。

首はデリケートな部分なので、変に動かしてしまうと逆に痛めてしまう事もあります。

早く良くしたいのに、首の運動ができずにもどかしさを感じる事もありますよね。

首から来る症状は頸椎以外の背中や腰の背骨の動きを良くしてあげる事でも症状が緩和していく事があります。

今回は頚部以外を動かす事で頸椎部分の負担を減らし、症状を改善していくための運動方法をお伝えします。

首の痛みや手の痺れの原因は?

首の痛みや手の痺れの症状がある場合は「頚椎症」が考えられます。

頸椎症は頸椎という首の骨の変形やその周囲の靭帯や椎間板などの変性によって起こる疾患です。

頸椎症について詳しく知りたい人はコチラの記事を参照ください。
頚椎症の治療法。主な症状や関連する疾患は? (karada-reset.com)

簡単に説明すると、頸椎からは両腕や手の神経が出ているので、この頸椎部分が傷んで神経を傷つけるなどしてしまうと、手の方にまで症状が出現してしまうという事です。

首を上に向けると痛みや痺れが出る場合は「頸椎症」になっている可能性が高いです。

この頸椎症を改善するためにはどんな事をするのが良いのでしょうか?

頸椎症の体操をする上での注意点をみてみましょう。

頚椎症の体操の注意点

頸椎症は頸椎の変性によって起こる事は先ほど説明しました。

注意して欲しい事は「首を動かすと痛みが出てしまう可能性がある」という事です。

基本的には首を上に向けたり、グルグル回したりする運動は症状が出現しやすいのです。

一般の人が自己判断で首の運動をする事は多少リスクがあるわけです。

私たちのような医療関係者の間でも頸椎周辺は非常にデリケートな部分であるため、触れる際には細心の注意を払います。

そんなデリケートな部分を自分で運動する方法はどんな事があるでしょうか?

それは頸椎以外の部分をしっかり動かす事です。

特に胸や背中、腰周りの部分をしっかり動かす事が重要です。

「頸椎が悪いのにその他の部分を動かすってどういう事?」と思うかもしれませんが、一般の人がリスクなく運動するにはそれくらいで良いのです。

体操のポイント首以外の部位

何故、胸や背中や腰の運動が良いのか解説していきます。

まず頸椎症には好発部位といわれる部分があります。

よく変形しやすい部分という事です。

その部分は頸椎が7個ある中での、下の方にあたる6番目と7番目の部分です。

頭を前に倒すと首の付け根付近の骨が出てくると思いますが、その部分が7番目になります。

この部分が何故よく変形を起こしてしまうのかを考えてみると、理由は単純で一番動きやすいからです。

一番動きやすいので、他の部分の動きが悪くなってしまった時に、その代わりにも働いてくれるので、その分負担が大きくなって変形が起こりやすいという事です。

今現在で頸椎症の様な症状がない人は、猫背の姿勢で上を向くのと腰から背中をしっかり起こしてから上を向くのとを比べてみましょう。

上を向いて見える景色が全然違うと思います。

猫背の時にはあまり後ろの方が見えないはずです。

それだけ動きに差があるという事と、首に負担がかかるという事なんです。

背中や腰も動きに参加してくれているとそれだけ首が動く量は少なくて済み、その分頚部にかかる負担も軽くなるというわけですね。

頸椎症は頚部の変性によって起こっている疾患ですが、自分で体操するとなると頚部を動かすのはリスクを伴うので、胸や背中、腰周りの運動を行うのも有効です。

いくつか体操の例を次の項目で紹介します。

頚椎症に効く体操例

肩甲骨の運動

姿勢よく座ります。
この運動をする時は常に顎を引いておくように注意しましょう。

①両腕を肩の高さまで挙げ、両肘同士をつけて90°曲げ、掌は自分の方に向けます。
②両腕を横に開くように広げます。この時掌は外を向くようにします。
③次に背伸びをするように両手を頭の上に挙げて、手の甲がくっつくようにします。

①→②→③→②→①と順番に繰り返して行います。

一つの動作あたり5秒程度キープして次の動作を行いましょう。

体幹の回旋運動

横向きに寝て股関節と膝は軽く曲げて置きます。

頭の後ろに上側の手を当て、肘を後ろに引くように身体を捻ります。

猫背の姿勢になると胸から背中にかけての肋骨の動きが少なくなってしまいます。

この肋骨の動きとその周囲の筋肉の運動です。

腰椎の回旋運動

仰向けに寝て、両腕は大の字のように横に広げます。

股関節と膝を曲げて両膝を立てて置き、横に倒す運動をします。

脚を倒していく際に両腕や背中が浮かないようにしましょう。

四股運動

浅く椅子に腰かけて、両脚は肩幅程度に開き、骨盤を起こします(前傾)。

骨盤から腰骨が起きた状態を保ちながら、徐々に股関節から曲げるように身体を前に倒していきます。

この時に腰や背中が丸くならないようにする事が大事です。

この運動は頭の重みが前にかかってしまうため、症状が出てしまう場合は避けましょう。

また、顎を軽く引いてから行うようにすると痛みなどが出にくいと思います。

いくつか運動方法を紹介しましたが、痛みなく行える運動を行うようにして下さい。

痛みが出る場合は、しばらく待って症状が軽くなってきてから試してみて下さい。

最後にまとめをしていきます。

 

まとめ

首の痛みや手の痺れの症状は「頸椎症」が原因である場合が多いです。

頸椎症は頸椎部分の変形によって起き、頸椎部分には両腕の神経が出てくるので、手の方にまで症状が出てしまうわけです。

頸椎周囲はデリケートな部分であるため、直接的に動かして運動をする場合にはリスクが伴います。

頸椎部分の負担を減らすためには背中や腰の他の背骨の動きを良くしてあげる事が有効です。

いくつか紹介した運動を行って、頸椎に負担がかかり過ぎないようにしていきましょう。

もちろん、今後頚椎症になりたくない人が行っても予防になりますよ。

それでは今回の内容は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

頚椎症の治療法。主な症状や関連する疾患は?

頸椎症は誰にでも起こりうる疾患の一つで、主には首から肩周囲の痛みや張り感などの症状が出ます。

最近はデスクワークでパソコンを使う機会やスマホを長時間使ったりする事で、頚椎症になる可能性は高くなっています。

慢性的な肩こりも頸椎部分に問題がある事も多いです。

今回は頚椎症の治療法や症状についてまとめています。

首や肩こりの悩みがある人は参考にしてみて下さい。

頚椎症とは

頚椎症とは頸椎の変形や周囲組織の変性がきっかけで起こる首から肩にかけての痛みが出てしまう疾患です。

実は頸椎の変形や変性は誰にでも起こるもので、60代以上であれば90%以上が何かしらの変形や変性があると言われています。

特に症状はないけどレントゲンを撮ってみたら、変形している人は意外に多いんですよ。

症状がなければ困る事はないので、一般的には痛みなどの症状があり、頸椎に変形や変性がある人の事を「頚椎症」と診断するようです。

頸椎に変形があっても痛みがない人もいますので、キチンとした対処をする事で、頸椎の変形は治せなくても症状は軽減できるという事です。

頸椎は主に両手の神経が集まっている部分になります。

変形の程度によっては神経を刺激してしまい、手の痺れや脱力感なども症状として出てくる場合があります。

次の項目では頸椎症に関連する疾患を挙げていきます。

頸椎症に関連する疾患

頸椎ヘルニア

頸椎の上下の間には椎間板というクッション材が傷むことで、中の髄核というジェル状の物が後方に飛び出し、神経を刺激してしまう疾患です。

ヘルニアは時間経過とともに徐々に消失していく事が期待されます。

頚部に負担がかからないように過ごしましょう。

頸椎症性神経根症

頸椎の変形によって脊髄神経から両手に分かれた部分の神経を圧迫してしまう事で起こります。

症状はどちらか片側に手に出る事が多く、腕から手にかけての痛みや痺れ、手に力が入りにくいなどの症状が出ます。

頚椎症性脊髄症

頸椎の変形が後方部分に影響し、後ろにある脊髄神経を圧迫してしまっている状態です。

脊髄神経の圧迫に伴い、両手や時には両脚の方にも痛みや痺れ、筋力低下が現れます。

両脚にも症状が出現する場合は、歩行のバランスが不安定となってしまう事もあります。

ヘルニアとの違いは自然に改善が見込めるかで、ヘルニアと違い頸椎の変形した部分が神経の圧迫原因となっているため、症状が進行すると手術を検討しなければなりません。

頚椎症の治療法は

病院で行われている頸椎症の治療法は薬物療法とリハビリが中心になっています。

基本的には自然に経過をみていく中で徐々に症状が軽減していく場合が多いです。

手術になる事はほとんどなく、頸椎症性脊髄症による脊髄症状(下肢の筋力低下や排尿障害など)が出現した場合は手術になる場合があります。

頸椎症では首から肩甲骨回りの筋肉が硬くなってしまっています。

その筋肉をマッサージやストレッチなどでほぐしていく事で痛みが緩和される事が多いのですが、そもそも筋肉が硬くなってしまった原因となる「姿勢の改善」も同時に意識していく必要があります。

頸椎症性神経根症に伴う腕から手にかけての痛みや痺れがある場合は、首を反らす動きや症状がある側へ首を倒す動きは注意しましょう。

これらの動きは神経が圧迫されやすい動きになります。

神経が圧迫され傷んでしまうと神経周りの組織の炎症や神経が少し腫れたような形になり、より刺激を受けやすくなります。

最初のうちはいかに痛み刺激を少なくし、炎症や腫れを改善させるかが重要です。

寝る姿勢で痛みが出る場合は枕の高さを調整しましょう。

痛みが強い場合は、枕を高くしてあげた方が痛みは出にくい事が多いです。

バスタオルなどで高さを増したり、首の下に出来てしまう空いたスペースを埋めてあげるように調整すると楽になる事もありますよ。

頸椎症の治療は、まずは除痛です。

いかに痛みを少なくして生活するかが重要です。

痛みを薬でコントロールしながら、マッサージやストレッチで筋肉をほぐす。

その後は姿勢を改善と背骨全体的な柔軟性や他の関節部分の可動性を高めて、頸椎部分にのみ負担が集中しないような身体作りが必要ですよ。

最後にここまでの内容をまとめます。

 

 

まとめ

頸椎症は頸椎(首の骨)の変形やその周辺組織の変性によって起こる疾患で、誰にでも起こる疾患でもあります。

症状は首から肩周囲の痛みが主ですが、腕や手のしびれを伴う頸椎ヘルニアや頸椎症性神経根症、両脚の方にまで症状が出てしまう頸椎症性脊髄症など関連した疾患もあります。

治療は基本的には保存療法(手術しない)が選択されますが、頸椎症性脊髄症の症状次第では手術が必要な場合もあります。

治療初期の段階は痛みを軽減させる事が先決で、薬やマッサージなどで痛みを軽減させていき、痛みが軽減してきたと同時に姿勢の改善や頚部に負担がかかりにくいように関節の動きを良くする運動などを行っていきます。

それでは今回の内容は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。