google-site-verification=9Hq2345ryA3DRfXLh3W_WLqNp07yS2W8gHjgM458DFY

治療法

巻き爪の痛みと治療法。自分でできる応急処置とセルフケア。

爪のトラブルの中で多く見られるものが「巻き爪」です。

巻き爪になると靴で圧迫を受けたり、歩いたりする事で痛みが出てきてしまう事もあります。

ただ、爪が食い込んで痛いからと言って、安易に自分で爪を切ってしまったりするのは注意した方が良いでしょう。

誤った処置をしてしまうと、巻き爪がさらに悪化してしまいます。

今回は、巻き爪の治療法と自分でも出来るセルフケアについてお伝えします。

巻き爪と痛み

巻き爪は爪の端が巻いてアルファベットの「C」のように内側に巻き込んでいたり、直角に折れ曲がったりしている状態です。

第1趾(親指)に多いですが、他の指にも見られることがあります。

爪が巻いて皮膚に食い込み、炎症を起こしている状態を「陥入爪(かんにゅうそう)」と言います。

陥入爪では爪が皮膚に食い込んでしまう事で、その皮膚周辺が盛り上がる肉芽(にくげ)組織が出てきます。

巻き爪は普段は痛みがなくとも、運動や長時間歩くことで爪が圧迫される事で痛みが出ることがあります。

陥入爪の状態になってしまうと、爪の周りの組織が傷ついて炎症を起こしているため、痛みが強く出ます。

また、細菌感染を併発することで皮膚が赤くなったり、肉芽(傷を治すために出来る柔らかい組織)が盛り上がったりしてきます。

痛みが強いため、対処しようと自身で爪切りを行っても、深爪や爪棘を作ってしまい、炎症を繰り返すという悪循環に陥ってしまいます。

適切な処置を行ってもらわないと、どんどん悪化してしまいます。

次の項で、どんな治療法があるのかみていきましょう。

巻き爪の治療法

痛みが強い陥入爪は、皮膚の炎症も起こしているので、陥入爪の治療のできる皮膚科や整形外科を受診するようにしてください。

以前は、巻き爪の治療は手術をすることが主流でしたが、手術後にトラブルが多く発生したり、根本的な治療ではないとの意見もあり、最近では手術以外の方法で治療がなされています。

保存的治療で巻き爪の矯正を行い、それにより周りの皮膚の炎症も治っていきます。

医師の中には、新しい知識をお持ちでない方も多くいるのが現状です。

病院に問い合わせるか、最近はインターネットで病院の情報が見れますので、手術以外の方法で治療をしてくださる医師を探してみてください。

手術以外の方法には、ワイヤー法、クリップ法、アクリル法、ガター法などがあります。

・ワイヤー法

爪の先端2箇所に小さな穴を開け、特殊な弾性ワイヤーを通します。

ワイヤーが真っすぐに戻ろうとする力を利用して、巻き爪を矯正します。

ワイヤーは種類にもよりますが1~2ヶ月に1度入れ替えます。

この治療は爪が短すぎると行えません。

・クリップ法

爪の先に形状記憶合金性のクリップを装着します。

クリップが上に戻る力を利用して、巻き爪を矯正します。

クリップは自分で装着することもできます。

この治療も爪が短すぎると行えません。

・アクリル法

巻き爪・陥入爪の原因である深爪は習慣的に繰り返されることも多くあります。

爪の上にアクリル樹脂製の人工爪をつけ、短く切りすぎた爪の長さを補正します。

爪が短いために生じる皮膚の盛り上がりを抑えたり、爪の食い込みを緩和することができます。

・ガター法

爪周囲の炎症(爪囲炎)、肉芽(傷を治すために出来る柔らかい組織)などの形成を起こしてしまっている場合にも有効です。

爪の横の溝の部分に医療用のチューブを差し込んで爪と炎症の間にすき間を作り、爪の食い込みを防ぎます。

また、とがった爪を保護することで、痛みと炎症を緩和できます。

自分で出来る巻き爪のセルフケア

巻き爪や炎症が強くない陥入爪は自身でもケアをすることができます。

まず第一に、「食い込むからと爪の端を切り込まないこと」が大切です。

食い込む部分を切って痛みを和らげようとしますが、これやってしまうと爪が伸びた時にさらに悪化します。

コレ、私も以前やってしまいました。。。

ダメだとは知っていましたが、ある時足の痛みで目が覚めてしまい、寝ぼけた状態で爪の端を切ってしまいました。

それから半年間ほど陥入爪の痛みで苦しみました。

絶対にやめた方がいいです。

では、自分で行うセルフケアはどうしたら良いでしょうか?

いくつか方法を教えますね。

・コットンパッキング法

痛みを和らげる処置です。

脱脂綿や不織布を米粒くらいの大きさに丸め、痛みのある爪と皮膚の間に挟みます。

良い大きさにするために何度か試して調節してください。

小さすぎると効果がなく、大きすぎると痛みが出てしまいます。

なんかゴミが詰まっているようにも見えますが、痛みは楽になります。

・テーピング法

コットンパッキングと同様に痛みを和らげる処置です。

爪と皮膚の間にテーピングを巻くことで隙間を作ります。

痛みのある爪の横から爪にかからないギリギリの所からテーピングを貼り、皮膚を爪から剥がす感覚で引っぱりながら、指の下側を通して反対側に回し、らせん状に巻きつけます。

両方に症状がある場合は、同様に反対側にも巻きます。

 

また、テーピングを指全体に覆うように巻いて、爪だけを露出する方法もあります。

まず、テーピングを折り曲げて中央部分に切り込みを入れ、その中から指を出して爪の端と端を押し下げるようにしながらテーピングをかませて貼ります。

余ったテープは爪の根本、左右に貼り付けます。

テーピングはドラッグストアやスポーツ用品店で購入することが出来ます。

伸縮性があるタイプの方が使いやすくオススメです。

まとめ

巻き爪は爪が内側に巻き込んで、皮膚に食い込む事によって痛みが出ます。

ひどくなり炎症や肉芽組織が出来ると陥入爪となります。

治療法にはいくつか方法がありますが、足の爪の専門知識を持った医師を探す事が大事です。

自分で出来る痛みの対処法としてはコットンパッキング法やテーピング方があります。

爪が食い込むからといって爪の端を自分で切ってしまうのは、悪化させてしまう原因になりますのでNGです。

圧迫骨折とはどんな骨折?治療法と安静期間の過ごし方

圧迫骨折は背骨の骨折です。

高齢者に多い骨折なのですが、家族や知り合いなどに圧迫骨折経験者はおられませんか?

日本は高齢化社会なので、年々圧迫骨折になっている人の割合は増加しているかもしれません。

意外と圧迫骨折を経験された方は多いんですよ。

今回は、高齢者に多い圧迫骨折とはどんな骨折なのか、また治療法はどんなものがあるのかについてまとめています。

圧迫骨折とは?

圧迫骨折とは背骨である、脊椎の椎体部分がつぶれたように変形する骨折です。

受傷するきっかけは、転倒や尻もちなど明らかな外傷による骨折と自分でも気づかないうちに発症する場合との2パターンあります。

自分でも気づかないうちに骨折してしまっているケースに関しては、骨がもろくなってしまう「骨粗しょう症」との関連性が高く、くしゃみや物を持ちあげたなど普段何気なく行っている動作を反復する事が少しずつストレスとなり、圧迫骨折を発症してしまうようです。

痛みの出方には特徴があり、寝返りや起き上がり、立ち上がりなどの体動時に激しい痛みがあり、一度立ってしまうと痛みはあまりありません。

立ち上がる時に痛いが、一度立ってしまって歩く分には痛みは大丈夫。」と言った方は要注意です。

圧迫骨折の診断はレントゲンやCT、MRIなどの画像検査で可能です。

先ほどのような訴えがあり、背中をトントン叩くと痛みがある(叩打痛)などの所見があるとお医者さんも圧迫骨折を疑って画像検査をするようです。

発症部位は胸椎と腰椎の移行部に多く、次に中位胸椎レベル(第7~8胸椎)、次いで腰椎の順に多いとされています。

胸椎と腰椎の移行部は脊柱のカーブが変わる所になるので、その部分にストレスがかかりやすいようです。

圧迫骨折は男性では70歳代以降から増え、女性では50歳代から発症するケースもあり、女性に多く発症する骨折になります。

やはり骨粗しょう症と関連性のある骨折であるため、骨粗しょう症になりやすい女性の方が圧迫骨折になるリスクも高いようですね。

次の項で骨粗しょう症について触れていきますので、特に女性の方は知っておきましょう。

骨粗しょう症とは

骨粗しょう症とは骨量が低下して、骨密度が少なくなった状態です。

簡単に言うと骨がもろくなったために、ちょっとした事で骨折が起こりやすい状態です。

骨密度が70%以下になると、骨強度は半分になると言われています。

骨密度を測る機会があるのなら一度確認してみても良いかもしれません。

特に高齢の女性に多く、閉経後に女性ホルモンが減少する事とも関連性があります。

骨粗しょう症の治療は薬や注射で行えます。

気になる方は整形外科などで相談してみましょう。

自分で行える予防方法としては、食事と運動習慣が重要です。

食事では特にカルシウムの摂取を意識し、運動ではウォーキングなどの運動が効果的です。

骨にストレスのかけすぎはよくありませんが、ある程度のストレスがないと骨は弱くなるものです。

骨粗しょう症予防のために適度な負荷をかける、そのために運動は大事ですよ。

それでは、圧迫骨折の話に戻します。

次は圧迫骨折の一般的な治療法をみていきましょう。

圧迫骨折の治療法

圧迫骨折の治療法は基本的に安静です。

当たり前の話に思えますが、この安静がなかなか難しいのです。

もちろん痛みが強い時期は動くと痛いので、安静にしているのですが、徐々に痛みが取れてくると安静が守れません。

手や足の骨折を思い浮かべてもらうと分かると思いますが、骨折すると何をしますか?

そうです。

一般的な骨折の治療はギプスで固定しますよね?

骨折の治療には、骨折した部分が動かないようにしっかり固定する事が必要なんですが、背骨の部分をどうやって固定しましょうか?

背骨を動かないように固定するのはほとんど無理なんです。

一応、体幹部分をギプス固定する方法もありますが、あまりしている所はみかけません。

通常はコルセットを装着してもらう事で背骨の動きをある程度制限する事になります。

しかし、コルセットを装着したからと言って、骨折部分に負担がかからないかと言うと、そうではありません。

背骨の中で、圧迫骨折でつぶれる椎体と言う部分は上半身の体重を受ける土台のようなものです。

いくらコルセットをしたからといっても、一度起き上がってしまうと自分の体重分の負荷が背骨にはかかってしまいます。

つまり、背骨の安静のためにはコルセットで前後左右の動きを止めつつ、背骨に体重がかからない寝た姿勢でなければならないという事です。

しかし、トイレや食事など生きていく上で必ず行う最低限の動作があるわけで、ずっと寝ているというわけにはいかない所が、圧迫骨折の安静の難しさです。

さて、この安静期間どういう生活を送りますか?

同居の家族でもいれば、食事の準備や洗濯などの家事や炊事を任せて安静にできる人もいるでしょうが、みんながどういうわけにもいきません。

人によっては家族の支援が難しい一人暮らしの人もいるでしょう。

入院する事も一つの選択肢ではありますが、入院するのは嫌と言う人もいるでしょう。

そういう人は安静にしなくてはいけなくても、安静にしていては生活が成り立たないんですね。

このように生活の中でやらなければならない事があれば、痛みが軽くなってきたら動きますよね?

でも、痛みが軽くなったからと言って動き過ぎるのは骨折部に負担がかかりすぎてしまい、結果的に骨の状態が良くなるまでに時間がかかってしまう事に繋がってしまいます。

骨折の治癒には3カ月以上かかる場合が多いのですが、痛みが軽くなって動けるようになる目安は1カ月程度です。

約2カ月間は痛みが軽くなり動けるのですが、骨の状態がまだ良くなっていないのであまり無理をしてはいけない時期なんです。

症状があれば、その痛みが自制として働くのですが、痛みがなくなってくると「治った」と勘違いして、無理をしてしまう(本人は無自覚で)。

そのため、骨折部分がいつまで経っても良くならないという事も起きます。

このように骨がいつまでも良くならずに不安定な状態のままとなる場合は、手術による治療も検討されます。

出来るだけ手術になる事は避けたいでしょうから、やはり普段の生活動作で背骨の負担となる動作を行わないように徹底しなければなりません。

それともう一つ注意点が。

圧迫骨折になる人の大半は高齢者です。

圧迫骨折が治るまでの約3カ月間、安静にしていればどうなりますか?

全身の筋力弱くなり、体力面も低下してしまう事は容易に想像つきます。

せっかく骨折が治っても、次は身体の機能の衰えで寝たきりのようになってしまうリスクがあります。

適量というのが難しくはありますが、痛みが軽くなる1カ月後くらいからは徐々に起きている時間を増やしたり、歩いたりといったリハビリ活動を開始しつつ、骨折部に最も負担がかかる「前かがみ動作」など気をつけながら動かなければなりません。

それでは最後にまとめをして終わりましょう。

まとめ

圧迫骨折は背骨の椎体という部分がつぶれて変形してしまう骨折です。

高齢の女性に多くみられ、起きあがりや立ち上がる時に強い痛みがあり、一度立ってしまえば痛みはあまりないといった痛みの出方の特徴があります。

基本的な治療法はコルセットを装着してからの「安静」になりますが、生活を送る上で完全な安静は難しいため、痛みが強い時期は極力安静に努めつつ、痛みが軽くなったら骨折部に負担がかかる動作(前かがみ)に注意しながら、運動やリハビリを行う事になります。

骨の強度が戻らず不安定な状態のままとなってしまうと手術療法が必要になるかもしれませんので、無理をし過ぎないように注意しましょう。

頚椎症の治療法。主な症状や関連する疾患は?

頸椎症は誰にでも起こりうる疾患の一つで、主には首から肩周囲の痛みや張り感などの症状が出ます。

最近はデスクワークでパソコンを使う機会やスマホを長時間使ったりする事で、頚椎症になる可能性は高くなっています。

慢性的な肩こりも頸椎部分に問題がある事も多いです。

今回は頚椎症の治療法や症状についてまとめています。

首や肩こりの悩みがある人は参考にしてみて下さい。

頚椎症とは

頚椎症とは頸椎の変形や周囲組織の変性がきっかけで起こる首から肩にかけての痛みが出てしまう疾患です。

実は頸椎の変形や変性は誰にでも起こるもので、60代以上であれば90%以上が何かしらの変形や変性があると言われています。

特に症状はないけどレントゲンを撮ってみたら、変形している人は意外に多いんですよ。

症状がなければ困る事はないので、一般的には痛みなどの症状があり、頸椎に変形や変性がある人の事を「頚椎症」と診断するようです。

頸椎に変形があっても痛みがない人もいますので、キチンとした対処をする事で、頸椎の変形は治せなくても症状は軽減できるという事です。

頸椎は主に両手の神経が集まっている部分になります。

変形の程度によっては神経を刺激してしまい、手の痺れや脱力感なども症状として出てくる場合があります。

次の項目では頸椎症に関連する疾患を挙げていきます。

頸椎症に関連する疾患

頸椎ヘルニア

頸椎の上下の間には椎間板というクッション材が傷むことで、中の髄核というジェル状の物が後方に飛び出し、神経を刺激してしまう疾患です。

ヘルニアは時間経過とともに徐々に消失していく事が期待されます。

頚部に負担がかからないように過ごしましょう。

頸椎症性神経根症

頸椎の変形によって脊髄神経から両手に分かれた部分の神経を圧迫してしまう事で起こります。

症状はどちらか片側に手に出る事が多く、腕から手にかけての痛みや痺れ、手に力が入りにくいなどの症状が出ます。

頚椎症性脊髄症

頸椎の変形が後方部分に影響し、後ろにある脊髄神経を圧迫してしまっている状態です。

脊髄神経の圧迫に伴い、両手や時には両脚の方にも痛みや痺れ、筋力低下が現れます。

両脚にも症状が出現する場合は、歩行のバランスが不安定となってしまう事もあります。

ヘルニアとの違いは自然に改善が見込めるかで、ヘルニアと違い頸椎の変形した部分が神経の圧迫原因となっているため、症状が進行すると手術を検討しなければなりません。

頚椎症の治療法は

病院で行われている頸椎症の治療法は薬物療法とリハビリが中心になっています。

基本的には自然に経過をみていく中で徐々に症状が軽減していく場合が多いです。

手術になる事はほとんどなく、頸椎症性脊髄症による脊髄症状(下肢の筋力低下や排尿障害など)が出現した場合は手術になる場合があります。

頸椎症では首から肩甲骨回りの筋肉が硬くなってしまっています。

その筋肉をマッサージやストレッチなどでほぐしていく事で痛みが緩和される事が多いのですが、そもそも筋肉が硬くなってしまった原因となる「姿勢の改善」も同時に意識していく必要があります。

頸椎症性神経根症に伴う腕から手にかけての痛みや痺れがある場合は、首を反らす動きや症状がある側へ首を倒す動きは注意しましょう。

これらの動きは神経が圧迫されやすい動きになります。

神経が圧迫され傷んでしまうと神経周りの組織の炎症や神経が少し腫れたような形になり、より刺激を受けやすくなります。

最初のうちはいかに痛み刺激を少なくし、炎症や腫れを改善させるかが重要です。

寝る姿勢で痛みが出る場合は枕の高さを調整しましょう。

痛みが強い場合は、枕を高くしてあげた方が痛みは出にくい事が多いです。

バスタオルなどで高さを増したり、首の下に出来てしまう空いたスペースを埋めてあげるように調整すると楽になる事もありますよ。

頸椎症の治療は、まずは除痛です。

いかに痛みを少なくして生活するかが重要です。

痛みを薬でコントロールしながら、マッサージやストレッチで筋肉をほぐす。

その後は姿勢を改善と背骨全体的な柔軟性や他の関節部分の可動性を高めて、頸椎部分にのみ負担が集中しないような身体作りが必要ですよ。

最後にここまでの内容をまとめます。

 

 

まとめ

頸椎症は頸椎(首の骨)の変形やその周辺組織の変性によって起こる疾患で、誰にでも起こる疾患でもあります。

症状は首から肩周囲の痛みが主ですが、腕や手のしびれを伴う頸椎ヘルニアや頸椎症性神経根症、両脚の方にまで症状が出てしまう頸椎症性脊髄症など関連した疾患もあります。

治療は基本的には保存療法(手術しない)が選択されますが、頸椎症性脊髄症の症状次第では手術が必要な場合もあります。

治療初期の段階は痛みを軽減させる事が先決で、薬やマッサージなどで痛みを軽減させていき、痛みが軽減してきたと同時に姿勢の改善や頚部に負担がかかりにくいように関節の動きを良くする運動などを行っていきます。

それでは今回の内容は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。