google-site-verification=9Hq2345ryA3DRfXLh3W_WLqNp07yS2W8gHjgM458DFY

健康・未病

血流の改善に必要な3つのプロセス

血液が流れが悪いと身体に様々な不調をきたしてしまいます。

「なんかスッキリしない」、「身体が怠い」、「頭痛がする」などの症状も血流の悪さから来ている場合があります。

血流を改善するとなるとサラサラ血液が連想されますが、それだけでは血流は良くなりません。

どうしたら血流を良くする事ができるのでしょうか?

本当に血流を良くするためには「血液の量」を改善しなければなりません。

今回は血流を良くするために知っておいてほしい3つのプロセスについてお伝えします。

血流を改善させる方法

血流が悪いと身体にとってもマイナスの要素しかありません。

血液が血管の中を通って、酸素や栄養素を身体の隅々まで運ぶと同時に老廃物や炭酸ガスの回収を行ってくれることで、私たち人間は身体を健康に保つことが出来るのです。

血流が悪い状態というのは身体にとって害にしかならず、身体を構成する細胞に必要なものを届けることができない状態です。

血流を良くするというとドロドロ血液をサラサラ血液に変えて血の流れを良くする事をイメージする人が多いと思いますが、実はこれは半分正解で半分間違いです。

確かにドロドロ血液であれば、血の流れを良くするためにサラサラ血液に変えた方が良いですが、そもそも「血液の量が十分にあるかどうか」が重要なんです。

いくらサラサラ血液であっても、血液の量そのものが少なければ、酸素や栄養素を運ぶ量も少なくなってしまいますよね?

この観点から話しを進めていくと、血流を良くするためにはどうやら、血液を作る状態を改善することからスタートしなければなりません。

血流を良くするためには「作る・増やす・流す」3つのプロセスを改善する必要があります。

では、どうしたら血液を作ることができるようになるのでしょう?

どうしたら増やすことができるでしょう?

順にみていきましょう。

血を作る

血流を改善させるためには、まず血を作る力が必要です。

血を作る事ができなければ、そもそも血液の量が不足してしまいます。

そうなってしまっては流れるものも流れません。

血を作るために一番重要な事は、「内臓の状態を良好に保つ」ことです。

私たち人間の身体は食べた物でできているのですが、内臓特に胃腸の状態が悪いと食べ物から栄養を得るための消化・吸収が上手く作用しません。

せっかく身体に良い物を取りこんでも、胃腸の状態次第では身体に吸収できずに排泄されてしまう事になってしまいます。

まずは胃腸の調子を整えて栄養素を吸収できる状態にしましょう。

胃腸の調子の整え方は、休む時間を与える事です。

つまり、しっかりと空腹の時間を取る事。

何故、空腹時間が大事になるのか疑問に思いますよね?

胃腸の主な仕事は食べ物を消化して栄養素を吸収する事です。

この仕事は身体にとっても非常に疲れる大変な仕事なんです。

食べ物が口から入ってくる度に、胃腸はそれを消化・吸収しなければなりません。

間食や不規則な食生活を送っていると、十分に胃腸を休めて上げる事ができないのです。

何も食べない時間、何も胃腸に入っていない時間を意識的に取ってあげる事で胃腸は休むことが出来ます。

胃腸は何も食べ物が入っていない状態になると掃除を始めます。

ギューと強い収縮を起こす事で食べ物カスなどを外に排出してしまい、中をキレイな状態にします。

胃腸の中がキレイな状態であれば、消化や吸収が十分に機能してくれるようになり、血を作る機能もしっかり働いてくれるようになるわけですね。

血を増やす

血を作れるようにした後は、血を増やす作業が大事です。

血を作るためには肉や魚など動物性タンパク質を取る事が重要です。

動物性タンパク質は血の原料になります。

原料がない事には血は作れませんので、しっかりとお肉や魚を食べましょう。

血を作るためには、特に鶏肉が良いと言われているようで、手羽先や手羽元のように骨が付いている状態の方がさらに良いようです。

もう一つ意識して取り組んで欲しい事は「旬」を意識して食べる事です。

今では旬ではない食材もいつでも買えるようになりましたが、やはり旬のものが栄養価が高いのです。

血には鉄分の補給が大事で、鉄分といえば「ほうれん草」が真っ先に思い浮かぶ人も多いと思います。

このほうれん草も旬の季節に食べるのとそれ以外の季節に食べるのでは、含まれる鉄分の量が全然違うようです。

せっかく食べるのであれば栄養価が高い状態、「旬」のものを身体に取り入れたいものですね。

血を作るためには「十分な睡眠を取る事」も大事です。

人間の身体は体内時計があり、夜の時間帯は休む時間になっています。

この休む時間帯に脳も身体も休めて身体のメンテナンスを行います。

つまり血を作るメンテナンスも睡眠中に主に行われている事になります。

午前0~2時の時間帯に一番造血力が高まる時間帯になると言われていますので、その前の午後22~23時頃には就寝できるように生活リズムを整えておくのも、血を作るうえで大事です。

血を流す

血が作れて、血が増えた後はいよいよ血の流れが大事になります。

血の流れで重要になるのは、「ストレスコントロール」です。

血管の状態は自律神経がコントロールしており、活動的な交感神経が優位になると血管は収縮し、休憩の時に高まる副交感神経が血管を緩めてくれます。

ストレスがかかると交感神経が高まるため、血管は収縮してしまいます。

短時間であれば血管の収縮も血液を押し出す形で血流を良くしますが、慢性的にストレスがかかり、常に血管が収縮した状態では血流は悪くなってしまいます。

ストレスへの耐性は個人差があり、ストレスの原因も人それぞれです。

根本的にはストレスの元を断つことが一番ですが、それも常に出来るとは限りません。

どちらかというとどうしようもないストレスの方が多い事でしょう。

ストレスへの対処法は深呼吸と運動が効果的です。

深呼吸は副交感神経の働きを高める効果がありますし、運動もリラクゼーション効果があり、どちらもストレスを軽減してくれます。

特にウォーキングやジョギングなど足を使った運動は、ふくらはぎの筋肉を使う事になるため、さらに効果的です。

血流は末梢に行くほど滞りやすく、特に足は心臓から一番遠い場所になりますので、血液を返すのにも一苦労します。

この血液を返す時に使っているのが、ふくらはぎの筋肉です。

筋肉を収縮させる事でポンプのような働きをして心臓まで血液を返します。

足の筋肉を使う機会が少なかったり、筋力が衰える事でこのポンプ作用は弱くなってしまいます。

足は第二の心臓と言われるように、血液をうまく循環させるには足のポンプ作用が重要なんです。

それでは最後に今回の内容をまとめていきましょう。

まとめ

血流を改善させるには、血を「作る→増やす→流す」の順に改善しなければなりません。

血を作るためには、まず内臓の調子を整える事でした。

整え方は空腹時間をしっかり作る事で胃腸の中の掃除ができると内臓の働きを良い状態に保つことが出来ます。

次に増やす作業は血液の元となる動物性タンパク質をしっかり取る事。

特に鶏肉がおススメです。

また、しっかり睡眠時間を取る事も大事でしたね。

最後に血の流れを良くするためにはストレスコントロールで自律神経を整える事が効果的です。

深呼吸や軽めの運動をする事でストレス発散が出来ます。

特にウォーキングなどで足の筋肉を使うと、末梢の循環も良くなりますので運動を取り入れる事もお勧めですよ。

それでは今回の内容は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

老化の原因は?「酸化」と「糖化」に注意!

誰しも健康でいたいという気持ちはあると思いますが、老化現象も健康面を左右する一つの要因となります。

老化現象は誰にでも起こり、避けることはできないものではあります。

しかし、いつまでも若々しくいる人もいれば、実年齢よりも老けてみられる人もいたりと老化現象のスピードには個人差があります。

老化現象のスピードを緩やかにすることで、その人が健康でいられる期間も長くなる可能性が高まります。

日本の平均寿命は男性で81歳、女性で87歳と年々長くなってきていますが、昨今では健康寿命の重要性、いかに健康でいられる年齢を長くするかが重要です。

今回は老化現象の原因となる「酸化」と「糖化」とその対策についてお伝えしていきます。

続きを読む

便秘を薬に頼らずに解消する方法とは?

慢性的に便秘に悩んでいる人も結構多かったりします。

だけど、便秘で病院に行っても整腸剤や下剤などの薬が出されるだけで、根本的に解決できていない人も多いと思います。

あまり薬には頼りたくないですよね?

一時的な便秘なら薬で排泄を促してもさほど問題ではありませんが、慢性的な便秘でお悩みの人は、根本的な腸の排泄機能の問題をクリアしないと解決しません。

便秘は腸の働きの問題なので、食生活や生活習慣を変える事で解消できます。

今回は薬に頼らずに腸の機能を改善させて慢性的な便秘を解消させるポイントについてまとめました。

食物繊維が大事

便秘解消法としてまず知っておきたい事は食物繊維についての事。

食物繊維は腸内の老廃物などを絡めながら便の主材料になってくれます。

食物繊維には「水溶性」と「不溶性」の2種類があり、水溶性食物繊維は水に溶けて便を柔らかくしてくれて、不溶性食物繊維は水を吸って膨らみます。

こういった特性があるため不溶性食物繊維を取り過ぎると、便の水分を吸ってしまい硬くなってしまうためにお腹が張ってしまう事があります。

便秘中ではなおさら貯まっていた分の便が硬くなってしまうので、さらに出にくくなってしまう事もあります。

そのため食物繊維は水溶性、不溶性のバランスが大事になってきます。

バランスといっても、そんなに難しく考えなくても大丈夫です。

ほとんどの食物繊維を多く含む食べ物には水溶性、不溶性ともに含まれています。

「野菜類」「果物類」「海藻類」「きのこ類」と大雑把に覚えておきましょう。

少し詳しく例を挙げてみると、

水溶性:海藻、きのこ類、いも類、りんごやみかん、麦、キャベツなど

不溶性:ごぼう、たけのこ、大豆や枝豆、バナナ、こんにゃくなど

あくまでどちらの方がより含んでいるかと思ってもらって結構です。

食物繊維の重要な働きはもう一つあります。

それは善玉菌のエサになる事。

腸内環境は善玉菌と悪玉菌の比率で決まります。

食物繊維が善玉菌のエサになってくれるおかげで、腸内環境が善玉菌が優勢の良い状態になります。

腸内環境が整っているときれいに便を作ってくれるのですが、悪玉菌が増えすぎてしまっている腸内では腸での吸収が上手くいかずに下痢になったり、便秘になったりと便がうまく作れなくなってしまいます。

食物繊維は腸内の老廃物を回収する掃除役善玉菌のエサになり腸内環境を整える2つの大きな役割があります。

積極的に食物繊維は取りましょう。

便秘解消の潤滑油

便を排泄するための潤滑油となってくれるのが文字の如く「油」です。

上質な油は便を排泄するのを手伝ってくれる作用があります。

上質な油とはオリーブオイルやアマニ油の事で、これらの油は酸化しにくいのが特徴です。

酸化しにくい抗酸化作用を持っているので、腸内でも悪玉菌の増殖を防いでくれたり、酸化による細胞の老化現象を防いでくれる役割があります。

「酸化」は「老化」する事だと思ってください。

細胞の酸化を防いでくれるという事は、腸内の細胞を若々しく保ってくれるという事に繋がり、腸内の働きを活性化させてくれます。

オリーブオイルを選ぶ時は、加熱処理されていないエクストラバージンオイルが良いとされています。

ただ、良質な油は高価で手が出にくいのが欠点ですね。

無闇に油を取れば良いというわけではないので、そこは注意が必要です。

長く空気に触れた酸化した油やトランス脂肪酸などは、逆に悪玉菌を増やすことに繋がり、結果的に腸内環境が悪くなってしまいますよ。

胃腸を休めると排泄アップ

ここまでは便秘解消のために、何かを身体の中に入れる事について書いてきましたが、ここからは、逆の発想で便秘を解消しましょう。

つい何かの症状を良くしようと思ったら、「何を入れるか」を考えてしまうのですが、「何を抜くか」も大事な考え方です。

東洋医学的な発想です。

先に書いたように食物繊維もオリーブオイルも便通を良くするのに大事ではあるのですが、身体が排泄に専念できるようにしてあげる事も便秘対策になります。

排泄に専念できるようにとはどういう事かというと、「空腹時間を作る」という事です。

排便は腸のぜんどう運動によって行われるのですが、そもそも腸は「消化・吸収」の作業と「排泄」の作業を同時進行できないのです。

食べ物をどんどん入れてしまうと、排泄に専念する時間が取れません。

ここの時間を作ってあげるように食生活を考えてあげましょう。

前日の夕食から朝まで間食などしていなければ、胃腸に何もない時間帯が作れます。

ここの時間帯が人間の生活リズムでは本来、「排泄」の時間帯にあたります。

排便のリズムが整っている人は、朝に出てくる人が大半なんです。

便秘解消のために、早い時間帯に夕食を済ませて、翌朝まで間食せずにいると「空腹時間」の出来上がり。

この時の夕食は消化の良い物にしてあげるとさらに効果的です。

もっと長く空腹時間を取るためには「朝だけ断食」という方法もあります。

単純に朝食を食べないという事なんですが、朝食の代わりに紅茶にショウガとはちみつを加えたものを飲むのもありです。

胃腸にとって、食べ物の消化活動はかなりの重労働です。

時には胃腸を休ませる時間を作ってあげる事で、排泄力アップと消化・吸収の効率アップが期待できるので、空腹時間を作ることは一石二鳥ですよ。

また、排泄は副交感神経の働きによるものなので、副交感神経を高めるように身体に働きかける事も効果的です。

具体的にいうと、水を飲むという事。

水を飲むという行為だけで副交感神経が刺激されます。

朝起きた後は水を飲み副交感神経を刺激してあげるだけでも、身体に排泄を促すように働きかける事が出来ます。

ただし、冷たい水を一気に飲む行為は逆効果になります。

一時的には排便出来る事もありますが、冷水という刺激がないと排便できない身体になってしまいます。

しかも、その刺激も使い続けると身体も慣れてしまうので、便通が起こりにくくなりますし、単に身体を冷やす行為となります。

身体を冷やすと血流も悪くなるため腸の動きも悪くなってしまうため、便秘がひどくなってしまう事もあります。

水を飲む場合は、常温もしくは温かい飲み物で身体を温めてあげる方が便秘解消法としては良いと思います。

最後に便秘解消法のまとめをしましょう。

まとめ

まず、食物繊維を豊富に含んだ食べ物を取るという事は意識しておきたい所でした。

食物繊維は掃除の役割と善玉菌のエサという役割があり、整腸作用として効果的なものです。

ヨーグルトや発酵食品などと併せて食べるとさらに整腸作用アップが期待できるので、積極的に取りたい所ですね。

便通を良くするためには上質な油(アマニ油やオリーブオイル)を取る事も効果的です。

量はスプーン一杯程度でいいでしょう。

身体を排泄に専念させる「空腹時間」を意識的に作ることも重要な便秘対策です。

朝起きて常温もしくは温かい飲み物を飲んで、副交感神経を刺激してあげると排泄を促す事ができます。

便秘がひどい人は一日だけ意識してもなかなか便通が起こらないでしょうが、習慣的に取り組むことで自然な形での排便ができるようになっていきますよ。

質問や感想などあればコメント下さい。

自律神経を整えるのに適した運動とは?

運動不足は自律神経にも影響を及ぼし、自律神経が乱れるきっかけにもなります。

運動不足の解消は自律神経を整えるための手段の一つになります。

ただ闇雲に運動を始めても、運動の種類によっては交感神経を刺激しすぎてしまいますし、久しぶりに運動を始めた事でどこか痛めてしまう場合もあるでしょう。

実は自律神経を整える事が目的であれば、運動種目の選び方と運動する時のポイントがあります。

誤った運動を始めてしまわないように『自律神経を整えるための運動方法』をまとめました。

自律神経を整える運動は?

自律神経を整えるための運動は何が良いのでしょうか?

これを考えるうえで、押さえたいポイントは自律神経の乱れ方です。

自律神経が乱れるということは、交感神経と副交感神経のバランスが崩れたという事です。

どのようにバランスを乱したかによって、運動の種類が変わってきます。

人は年齢を重ねていくにつれて、男性では30歳以降から女性では40歳以降から副交感神経の働きが弱くなっていく傾向にあるそうです。

また、現代社会はスマホやパソコンを使う頻度がかなり高いため、ブルーライトにより交感神経が常に刺激されている状態にあります。

これらのことから現代社会では交感神経が過剰に働きすぎている場合が多い傾向にあります。

運動方法を選ぶ上で、まず気をつけるべきポイントは「副交感神経が高まるための運動」を選ぶ事と言えるでしょう。

では、どのような運動を選べばいいのかいくつかご紹介いたします。

自律神経を整える運動

交感神経が高まり過ぎるため、激しい運動は避けましょう。

副交感神経を高めるための運動はゆっくりと一定のリズムでできる運動が良いです。

一番始めやすいのはウォーキングです。

30分くらいを目安に歩くようにしましょう。

その他の運動としてはプールで歩く事やヨガ、ストレッチなども良いでしょう。

これらの運動に共通する事は、「呼吸を整えながらできる」です。

呼吸が乱れてしまう運動は交感神経が過剰に働いてしまい、副交感神経とのバランスが取れません。

運動不足解消にはジョギングなどを選ぶ人も多いと思いますが、自律神経を整える事が目的の場合は負担が大きすぎます。

副交感神経を高めるために、ゆっくり呼吸を整えながらできる運動を選びましょう。

次からは誰でも始めやすい「ウォーキング」について詳しくみていきます。

ウォーキングの正しいやり方

ただ歩くだけであっても自律神経を整えるためにはいくつか注意して欲しいポイントがあります。

自律神経を整えるための正しいウォーキングの仕方を学びましょう。

ⅰ)ウォーキングに適した時間帯は?

朝からと夕方からとではどちらの方が良いのでしょうか?

ポイントは副交感神経を高めたいでしたね!?

副交感神経を高めたいのであれば夕方以降のウォーキングをオススメします。

理由は簡単。

夕方以降の方が時間に余裕があり、ゆっくりとした気持ちで歩けるからです。

朝の時間って何かと忙しく、バタバタしてしまいませんか?

忙しい朝の時間帯にウォーキングを始めてしまうと、余計に時間に追われてしまい、焦りが出てしまいます。

この焦りやバタバタする事が交感神経を刺激してしまいます。

また、起床後すぐは交感神経が徐々に高まっていくため自律神経のバランスが一時的に不安定な状態になるので、朝のウォーキングはオススメできません。

夕方以降に歩くメリットがもう一つ。

その日のストレス発散になる事です。

身体がストレスを感じると無意識に筋肉にも緊張が出てきます。

この筋肉の緊張は適度な有酸素運動を行うことで解消できます。

少し難しい話をすると、ストレスを感じると「コルチゾール」という物質が出てきます。

このコルチゾールって身体を動かす準備をする役割があるんです。

動物が生命の危機に陥るほどのストレスを受けても、動けなかったら逃げられないじゃないですか?

ストレスを感じると『闘争・逃走反応』と呼ばれる反応が起こり、闘ったり逃げたりできるように動く準備を身体はしてくれるようにできています。

生命の危機を感じるほどのストレスはなくとも、人間関係や勉強や仕事などの精神的なストレスを感じても同じ反応が起こります。

こういった身体の反応に従うよう、ストレス解消のためには「身体を動かす」ことがいいんです。

コルチゾールで身体を動かす準備はしたけれど、身体を使わずにいるとストレスが蓄積されてしまいます。

ストレス発散には適度な運動が良いことが何となく分かりましたか?

激しい運動は逆にストレスとなる場合がありますので、普段からの運動習慣がない方は気をつけて下さい。

また、寝る2~3時間前に行うと寝つきが良くなります。

運動をする事で身体が温まりますが、一度上がった体温が下がっていく時に眠気を感じます。

この時間に合わせるように就寝すれば、寝つきがよく睡眠の質も上がるため副交感神経を高めるのには効果的です。

ⅱ)歩く姿勢と歩き方は?

ウォーキングをされている方を見ていると勿体ないと思うことがあります。

それは『歩く姿勢と歩き方』です。

今から挙げるポイントを意識する事でウォーキングの効果を十分に引き出すことができます。

①姿勢

歩く姿勢は「背骨を真っすぐ」を意識しましょう。

歩くときに猫背姿勢で歩いてしまうと腕の振りが少なくなり、歩幅も狭くなってしまいます。

背骨が真っすぐ伸びた状態で歩くと、自然と腕の振りが出ます。

これは歩くときには足を左右交互に出す時に、反対側の腕が自然と出る事でバランスを取っているんです。

この腕の振りの利点は、腕と足を交差して使う事で骨盤と背骨にも連動して回転する運動が起こるので全身を使った運動ができます。

これが猫背姿勢ではどうなるでしょう?

背骨が丸くなってしまっている事で身体を捻る動作が止められてしまいます。

一度自分で試してみると分かりやすいです。

身体を真っすぐした状態で捻る動作と身体を丸めて捻る動作を比べてみると全然動き方が違うのが実感できます。

姿勢一つで骨盤や肋骨周りの動き方がこれだけ違います。

姿勢を良くして全身を上手に使って歩く方が身体の負担も軽減でき、全身の筋肉を適度に刺激することができるのです。

②歩き方

理想的な歩き方はしっかり膝を伸ばして踵から足を着き、しっかり股関節をひいて足の親指で蹴り出しをする一連の流れがスムーズに行えている事です。

この理想的な歩き方をするためのコツも実は姿勢にあります。

背骨が真っすぐ伸びていないと、この理想的な歩き方はできません。

猫背の姿勢では重心が後ろに移動してしまうため、バランスを取るために股関節と膝関節が曲がりやすくなってしまいます。

これでは脚を前に出した時に膝が伸びにくくなってしまい、その後の股関節を後ろに引きしっかり足の親指で地面をけり出す動作ができません。

結果的に歩幅が狭くなってしまい、しなやかな歩行ができなくなってしまいます。

ウォーキングでただ時間と歩数だけを気にして歩くのは、自律神経を整える効果としてはあまり期待できません。

正しい歩き方を意識すると身体の負担も少なくて済み、全身の筋肉もリラックスした状態となるのです。

自律神経を整え、バランスを取るためには日ごろからの運動習慣も大事だという事が分かりましたね。

最後におさらいしていきましょう。

まとめ

自律神経を整えるポイントはいかに副交感神経を高めるかが重要という事でした。

・副交感神経を高める運動はウォーキングやストレッチ、ヨガなどゆっくりとした運動が効果的。激しい運動は交感神経が高まり逆効果になることもあります。

・運動する時間帯は朝より夕方の方が良い。

・ウォーキングは30分程度で背骨を真っすぐ伸ばして歩く。

何度も言いますが、運動は習慣化が大事です。

運動不足を解消するための適度な運動を日常的に取り入れて習慣化しましょう。

それでは今回の内容は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

免疫力アップの鍵は自律神経にあり!

免疫とは細菌やウイルスが体内に入ってきても撃退して身体を守ってくれるシステムの事。

この免疫力は個人で違っていて、まったく病気にならない人もいれば、すぐに風邪を引いてしまう人もいます。

誰も病気や体調不良になりたい人はいないでしょうから、免疫力は高いに越したことはありません。

この『免疫力』を高める方法知りたいですよね?

免疫力と自律神経は深い関係にあり、自律神経のバランスが乱れると免疫力も下がってしまうようです。

今回は免疫力を高めるための生活習慣をまとめました。

免疫力を高めるために参考にして下さい。

免疫と自律神経の関係

免疫力の中心は血液中にある白血球です。

この白血球には「顆粒球」と「リンパ球」があり、それぞれ「顆粒球」は細菌に対して、

「リンパ球」はウイルスに対して働いてくれます。

そして、この二つは交感神経が高まると顆粒球が増え、副交感神経が高まるとリンパ球が増えるという事が最近の研究で分かってきたそうです。

自律神経のバランスが白血球のバランスにも影響しているのです。

そして、自律神経は血管の収縮や拡張にも影響している事を考えると免疫力は自律神経によって左右されているという事になります。

身体の中に細菌や異物が入ってきて闘ってくれる白血球、その白血球を身体の中に循環させる血管や血流。

そのどちらも自律神経が関わっているとなると、人間の病気になるかならないかは自律神経が整っているか、乱れているかと言っても過言ではないでしょう。

先ほどの顆粒球とリンパ球ですが、どちらも過剰に増えすぎると身体に悪影響が出てしまいます。

「顆粒球」は交感神経が優位になった状態だと増え、感染症に対しての抵抗力が増えるのですが、交感神経が優位な状態が続き、顆粒球の数が増えすぎると問題を引き起こします。

顆粒球は攻撃対象となる細菌の数が少なくなってしまうと、健康維持に必要な常在菌にまで攻撃を始めてしまい、結果的に免疫機能が低下してしまいます。

また、顆粒球は異物を取りこんで、みずからが持つ「分解酵素」と「活性酵素」によって異物の処理をするのですが、顆粒球が増えすぎ事で顆粒球の余りが多くなってしまいます。

顆粒球の寿命は2~3日と短く、使われなかった顆粒球は活性酵素をばらまきながら死んでいくので、その量が多くなってしまうと健康な細胞を傷つけてしまうことになります。

「リンパ球」は副交感神経が優位だと増えて、ウイルスに感染しにくくなります。

しかし、リンパ球が増えすぎるのも問題が生じます。

副交感神経が過剰になって、リンパ球が増え続けた時には、抗原に敏感に反応してしまうようになってしまい、いわゆる「アレルギー」を引き起こしやすくなってしまうのです。

どちらが高ければ良いという話ではなく、白血球のバランスが整っていることが免疫力を高める上では大事なのです。

そして、その顆粒球とリンパ球のバランスを整えるためには、交感神経と副交感神経のバランスを整える必要があるということ。

免疫力と自律神経はかなり深い関係性にあるんですね。

免疫力の高め方

免疫力と自律神経の関係性について分かった所で、免疫力の高め方を考えてみましょう。

基本的には自律神経のバランスを整えれば、免疫力が高められそうですよね?

実にその通りなんです。

自律神経は睡眠不足や食事、ストレスなどのちょっとした刺激でも変化しますが、免疫力に影響するまでにはちょっとしたタイムラグがあります。

あくまで自律神経のバランスが乱れた状態が続くと免疫力が低下するという事です。

一日だけでも睡眠不足になると副交感神経の働きは低下しますが、その次の日にでもゆっくりと睡眠時間を取れればリカバリーでき、免疫力は影響を受けません。

また、腸内環境を整える事も免疫力を高める事に繋がります。

食べ物から栄養を吸収するのは小腸の役目。

その吸収が上手く働かなければ、その後に肝臓で良質な血液を作ることが出来ません。

内臓機能で良質な血液を作り、その血液を自律神経の働きで身体の隅々に循環させる。

このプロセスが上手くいく事で血液中の白血球も役割を果たすことが出来るのです。

また、平熱を高く維持する事も重要です。

最近では平熱が35℃台の人も多いようですが、36℃以上は維持しておきたい所。

風邪を引いたりすると熱が出るのは、体温が高い方が白血球は活動しやすく、細菌やウイルスと闘うのに適しているからなんです。

1℃体温が上がると免疫機能は30%近くアップすると言われています。

平熱を高く維持する方法も色々とありますが、日々気をつけておきたいのは空調システムに頼り過ぎない事だと思います。

夏だとクーラー、冬は暖房と現代は気温の変化に対して空調システムで適した環境を作ります。

熱中症予防などに効果もあるため無理に我慢するまでは必要ありませんが、空調システムに頼り過ぎると気温や環境の変化に対しての身体の反応が鈍くなってしまいます。

暑いと汗を出して体温を調節し、寒いと筋肉を収縮させて熱を生み出す事で人間の身体は環境に適応させます。

このような身体の反応を鈍らせないためにもクーラーなら28℃、暖房なら20°前後の推奨温度を守って使った方が良いでしょう。

最後に免疫力を高める生活習慣をご紹介します。

免疫力を高める生活習慣

起きてすぐの外出は控える

免疫力は朝起きてすぐの時間帯が一番不安定な時間帯になります。

それは自律神経の働きが寝ている状態の副交感神経優位な状態から、徐々に活動的にしようと交感神経の働きに切り替えようとしているからです。

特に起床後30分は自律神経の働きや免疫機能の働きが不安定な状態ですので、起床後30分以内では外出しないようにしましょう。

寝坊して遅行しそうになるとそうは言っていられませんが、極力そうならないように良質な睡眠にも意識を向けたい所ですね。

朝起きてすぐの水分補給

朝おきてすぐの状態は身体の水分量が一番少ない時間帯です。

一日の中で一番血液の流れが悪くなっているとも言えますね。

朝起きてすぐに軽く口をうがいしたら(起床後の口の中は細菌が繁殖しているので)コップ一杯分は水やお茶を飲みましょう。

この飲むという行為で胃を刺激する事は、自律神経を刺激することにもなりますので、結果的に自律神経の働きを高める効果もありますよ。

身体を冷やさない

先ほど平熱を高くするという事に触れましたが、身体を必要以上に冷やさないように努める事も大事です。

夏場は特につい冷たい飲み物ばかりをとってしまいますが、身体を冷やしすぎると免疫機能も低下してしまいます。

常温や温かい飲み物を飲む事で免疫機能の低下は防げます。

また、お腹周りや首元は特に冷やさないようにしたい所です。

腹巻やマフラーなどありますが、やはりその部位は冷やしたくないから生まれた物だと思っています。

特に腹巻は内臓機能の働きを高めてくれます。

お風呂にゆっくり浸かるのも効果的です。

38~40℃くらいのぬるま湯に浸かることで副交感神経が刺激され、血管の拡張とリラックス効果もありますよ。

身体の疲れも取れるので、その後の睡眠にも入りやすくなりますよ。

この3つは簡単に取り入れることができる生活習慣なので、普段の生活の中で意識的に取り入れてみて下さい。

まとめ

免疫に関わっているのは血液中の白血球であり、その中の顆粒球とリンパ球の働きが細菌やウイルスに対しての抵抗力になります。

それぞれ顆粒球は交感神経、リンパ球は副交感神経の働きで活性化され、どちらも増えすぎると問題を引き起こしてしまうので、やはり自律神経のバランスを乱さない事が免疫力を高めるポイントになります。

腸内環境を整える事や、平熱を上げると免疫機能は働きやすくなります。

日々の生活では、朝の時間帯が一番免疫力は不安定なので、良質な睡眠を意識し、朝余裕を持って起床できるようにしましょう。

それでは今回の内容は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。