google-site-verification=9Hq2345ryA3DRfXLh3W_WLqNp07yS2W8gHjgM458DFY

腸・免疫・血流

腸内環境のチェック法!便とおならから分かること。

腸内環境を整えたいと思っても、「今の自分の腸内環境って良いの?悪いの?」って疑問に思いませんか?

何を食べたら良い、何を食べたら良くないという情報は色々とありますが、自分に合っているかは試してみないとわからないものです。

目で見る事が出来ない腸内環境を知るためにはどのような方法があるのでしょうか?

日常での腸内の状態を一番簡単に分かる指標があるんです。

それは『便とおなら』です。

便とおならがどんな状態なら腸内環境が良い状態なのかをまとめました。

あなたの腸内環境のチェックに役立ててください。

続きを読む

病気の根本原因は腸もれ!?万病の元「リーキーガット症候群」

最近になって、健康のためには腸を整える事が大事だと言われるようになりました。

腸に関する本の発売も増えており、腸活や腸トレなんて言葉も出てきています。

健康を左右する腸の話の中で、「腸もれ」って状態を知っていますか?

腸もれの状態になってしまうと、本来は体内に侵入してこないであろう物質が血液中に流入してしまい、血液の流れに沿って身体の隅々に運ばれてしまいます。

腸もれって聞くと、あまり聞き馴染みのない言葉かもしれませんが、この腸もれの状態になると、様々な体調不良を引き起こしてしまう事が知られています。

今回は「腸もれ」が引き起こしてしまう疾患や腸が持つ役割について説明していきます。

続きを読む

腸を整える「腸活」に必要な事

腸は「第二の脳」といわれており、腸内環境を整える事の重要性も最近よく聞くようになり、「腸活」なんて言葉も出来ました。

腸内環境は人間の健康状態に大きく影響してきます。

腸内細菌が身体のホルモンバランスを整えたり、免疫力の中心だったりと腸の活躍なしには人間は生きられません。

では、いざ腸内環境を整えたいと思っても何をしたらよいか分からないという人も多いでしょう。

腸内環境を整えるキーポイントは「食生活」と「断食(空腹時間)」です。

この記事を読む事で、腸内環境の整え方と乱すNG行動が分かります。

腸内環境が整っている状態とは?

腸内環境を整えるためには、まずは腸内細菌の事から知る必要があります。

腸内細菌には善玉、悪玉、日和見の三種類に分類されますが、細菌の種類や数は1000種類、100兆個以上が腸内にいます。

これら腸内細菌のベストバランスは【善玉:悪玉:日和見=2:1:7】と言われています。

善玉菌と悪玉菌は何となく分かりますが、「日和見菌って何?」って思いませんか?

日和見菌は中立の立場と思ってもらって良いのですが、この日和見菌は善玉菌と悪玉菌のバランスによって立場を変えます。

善玉菌が優勢の時は黙って見守っているのですが、悪玉菌が優勢になると悪玉菌と一緒に悪さをしてしまう菌になるのです。

なので、腸内環境を整えるためには善玉菌が悪玉菌よりも優勢になっていなければなりません。

善玉菌の増やし方

善玉菌を増やすためには善玉菌の仲間の補充とエサの差し入れをする必要があります。

腸内細菌は毎日勢力争いしており、毎日お亡くなりになられた細菌たちが排泄物として体の外に出てきます。

善玉菌を補充してあげなければ、少なくなってしまいます。

そこで善玉菌が入ったプロバイオティクスを摂取する必要があります。

プロバイオティクスとはヨーグルトや味噌、キムチなどの発酵食品の事になります。

善玉菌を増やすために積極的に取りましょう。

ここで一つ注意点があります。

腸内環境は細菌の多様性があった方がいいので、色んな種類の食べ物から色んな種類の善玉菌を身体に取り入れましょう。

同じ物ばかり食べて、同じ細菌ばかりになると耐性が出来てしまい効果が半減するそうです。

次は善玉菌への差し入れです。

善玉菌や日和見菌は食物繊維を好みます。

食物繊維が豊富な食べ物、キャベツや玉ねぎなどの、野菜類や豆類、海藻類などをよく食べると、善玉菌たちのエサになります。

逆に悪玉菌の好物は糖質になります。

甘い食べ物や加工食品など食べる量が多くなると悪玉菌のエサが多くなり、悪玉菌が優勢になってしまいます。

食物繊維は糖質の吸収を抑える働きもしてくれますので、食事の際には食物繊維を意識的に取った方が良いでしょう。

腸内環境を整えるには、まずは食事から変えるべきです。

腸内の掃除方法

次は腸内の掃除方法について知っておきましょう。

腸内の掃除をするためには胃腸を空っぽにする必要があります。

「何も食べていない空腹の状態を作ることが胃腸の掃除をする方法」になります。

胃や腸は食べ物を消化、吸収するのでその過程の中で食べ物カスが出ます。

この食べ物カスを掃除する時間は、胃腸に何も入っていない時間帯に行うのですが、一日3食食べて、間食もしたりとしていると、常に胃腸は消化・吸収活動ばかりになってしまい、いつまでも腸内の掃除が出来なくなります。

この状態が長く続くと腸内は食べ物カスや老廃物などが多くなってしまい、腸が栄養を吸収する力が弱ってしまいます。

せっかく身体に良い物を食べたとしても、吸収力が悪くなっているので効果半減という事です。

また、腸内が汚い事は悪玉菌には住みやすい環境になってしまいますので、腸内細菌のバランスも乱れてしまいます。

時々は空腹時間を長く取って腸内をきれいに掃除させるメンテナンスをしてあげましょう。

運動も整腸効果あり

運動する事で腸内環境が整う事も分かってきています。

何か特殊な運動をしなくてはならないというわけではないんです。

ウォーキングやジョギング、ヨガなど身体を動かす事自体に効果があります。

運動をすると呼吸の数が多くなります。

そうする事で横隔膜が上下に動く回数が増えますね。

横隔膜が上下に動くという事は、内臓を下に押しやったり、引き上げたりするので、呼吸数が増えるとその分内臓が動く頻度も高くなります。

また、呼吸を深くする事で上下に動く量も増えます。

それ自体も腸の運動になっています。

また、運動をする事はストレスの軽減や自律神経のバランスを整える事にも繋がります。

内臓の働きは自律神経によってコントロールされています。

腸の働きやホルモンの分泌を正常に保つためには自律神経が整っている事も大事なんです。

腸内環境を乱すNG習慣

ここからは腸内環境を乱す習慣を挙げていきます。

抗生物質

風邪を引いたりするとすぐに抗生物質を飲む方がいますが、腸内環境には悪影響を及ぼします。

菌を殺す作用のある薬なので、もちろん腸内細菌たちもたくさん死んでしまいます。

抗生物質を飲んだ後に下痢が起こりやすいのは、抗生物質で腸内環境が悪くなったために起きる症状です。

多少の風邪症状くらいなら抗生物質に頼らずに、自分の免疫力で治した方が良いでしょう。

僕は医者ではないので、出された薬を飲むなとは言えませんが、お医者さんが書いた本なんかにも風邪症状に抗生物質は効果がない事や飲んでも飲まなくてもだいたい4~5日で症状が治まる(飲まなくても治る期間は変わらない)などの内容が見受けられます。

もちろんただの風邪なのか別の病気なのかの判断はお医者さんにしかできませんので、病院で診断は受けた方が良いでしょうが、「薬を出してほしい」と自分から申し出るのは止めておきましょう。

ただし、お医者さんから出された薬はちゃんと飲んでくださいね。

腸内環境が乱れてしまうと、元に近い状態に戻すのに約一カ月ほどかかると言われています。

抗生物質は本当に必要な時以外は飲まない方が良さそうですね。

NSAIDS(非ステロイド性抗炎症薬)

いわゆる「痛み止めの薬」です。

痛み止めの薬も長期間使い続けると、腸壁がダメージを受ける事が分かってきています。

腸壁がダメージを受ける事で「グルテン」の透過性が上がってしまい、グルテン過敏症になるリスクが高まります。

「グルテン」とは小麦や大麦、ライ麦に含まれているタンパク質の一種で、摂取量が増えると炎症性サイトカインという物質が増えてしまいます。

この炎症性サイトカインは神経系にも影響を及ぼして、頭痛やうつ、疲労感などを感じやすくしてしまう事もあるそうです

つまり、痛み止めを長期的に服用すると別の不調な原因(頭痛や疲労感など)を作ってしまう事になる可能性が高いという事です。

薬を長期的に飲む事で、さらに薬がやめられなくなってしまいます。(薬が効いている時は楽だが、薬がきれると調子が悪い状態に戻るので、また薬を飲んでしまう)

薬は飲むだけで症状が緩和されるので、つい頼ってしまいがちになりますが、本当に必要な時以外は飲まない努力(根本原因を治す努力)が大事ですね。

合成化学物質・添加物

この合成化学物質や添加物は何万種類と存在し、その中の数百種類が人間のホルモン分泌に影響を及ぼす可能性が疑われています。

現段階ではまだ有害性が明らかになっていない物も多いので、疑わしきものは極力避ける方が賢明でしょう。

有害性が疑われている理由の一つに内分泌腺や脂肪組織に蓄積する可能性がある事がいわれており、肝臓に処理能力以上の毒素が入る事で、毒素を排出する機能が低下し、結果として腸内環境が悪くなる事が考えられています。

現在では多種多様な合成化学物質や食品添加物があるため、これらを完全に避けることは難しいでしょうが、少し意識しておいた方が良さそうです。

最後にまとめをしておきましょう。

まとめ

腸内環境の整え方についてご紹介してきましたが、最後にまとめをしていきましょう。

腸内環境のベストバランスは【善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7】です。

善玉菌が悪玉菌よりも優勢な状態を保つ必要があり、善玉菌を増やすためには発酵食品や食物繊維を食事で取る事です。

腸内を掃除する時間も必要なので、たまには意識的に何も胃腸の中にはない時間帯を長く取る事も重要です。

腸内環境が乱れる原因は反対に食生活の乱れやストレスなど様々ありますが、不必要な抗生物質の摂取や長期的な痛み止めの摂取も腸内環境を乱す事になりますので注意が必要です。

それでは今回の内容は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

質問や感想などあればコメント下さい。

自然治癒力の高め方。やってはいけない生活習慣とは。

人間には自分で自分を治そうとする力があります。

自然治癒力と言われるこの力は現代社会では徐々に弱まっている傾向にあります。

生きていく上では「環境を変えるか、自分を変えるか」のどちらかで適応していく事が必要ですが、公衆衛生や設備が整った日本では環境が整い過ぎているため、自己の抵抗力が弱くなってきています。

環境が整っているのは別に悪い事ではないのですが、環境の力に頼ってばかりでは自分の自然治癒力が弱まってしまうので、抵抗力が弱くなっている現実は知っておくべきでしょう。

今回は自然治癒力を高めるポイントについてまとめてみました。

続きを読む

冷え性の原因と予防法。末梢血流を良くする生活習慣は?

寒い季節になると手足がキンキンに冷たくなりませんか?

冬の季節は「冷え性」に悩む人が出てきます。

この冷え性は特に女性に多いのですが、原因は手足などの末梢の血流の悪さが挙げられます。

冷え性の予防には、この血流をいかに改善するかが鍵となります。

今回の内容は冷え性を予防するための血流改善方法をご紹介します。

冷え性の原因

冷え性の原因は主に末梢血流の悪化が挙げられます。

要するに手足の末端部分の血流が悪いという事。

血液は心臓から酸素を含んだ動脈血が拍出されて動脈を通ります。

動脈から細い毛細血管に進路を変えて、細胞の細かな所にも血液が届くようにし、各細胞に酸素や栄養素を渡して、不要物を回収してきます。

この不要物を回収した静脈血は静脈を通って、心臓へ帰ってくるというのが身体を循環する血液の一連の流れになります。

さて、血液は酸素や栄養素の他にも熱を一緒に運ぶのですが、血液の流れが悪くなると熱の伝達も悪くなります。

手足は脂肪や筋肉の厚みが薄いので、血管の位置は皮膚の真下になりますので、寒い環境にいると末梢の血液は冷やされやすい状態にあります。

血流が悪く末梢で停滞してしまっている血液は、より熱を奪われやすく血液が冷え切ってしまいます。

この冷え切った血液が身体に戻る際にも、身体のあちこちを冷やしながら戻ってきてしまうため冷え性が起こるというわけです。

冷え性の原因は末梢血流の悪さという事が分かった所で、予防法としては「いかに末梢の血流を良くするか」がポイントになります。

末梢の血流を良くする方法はいくつかあります。

次の項目で紹介していきますね。

末梢の血流を良くする方法

身体を冷やさない

まずは簡単な所で方法と言えるものでもないですが、重要な事「身体を冷やさないように温める」

温めるといってもこれも色んな方法がありますが、何でも良いと思います。

温かい靴下履いたり、レッグウォーマー使ったりでも良いでしょう。

腹巻なんかも腸を温めるので効果的。

足で冷えてしまった血液は内臓部分を通って心臓に帰ってきますので、内臓部分も冷やされてしまいます。

腹巻はその冷えを防止するためにも役立ちますし、腸の働きが悪くなる事で消化・吸収の働きも悪くなり、結果的に血液の質や作る血液の量が少なくなり、血が少ないために流れが悪くなるという事も避けることができます。

冷やさない努力って地味だけど大事なんですね。

食べ物でも身体を温める事はできます。

ショウガなんか食べると身体の芯から温まる感じがしますよね。

身体を温める食材は色に注目すればだいたい判別が出来ます。

「赤・黒・橙」の色のものであれば身体を温める効果が期待できる食材です。

反対に「青・白・緑」の色の物は身体を冷やす効果がある食材になりますので、摂り過ぎには気をつけましょう。

温冷交代浴

手足などの末梢を温める方法としては「温冷交代浴」も効果が高いです。

水とお湯に交互につける方法です。

30秒ずつを目安に水とお湯に交互につけましょう。

手だけ、足だけでしてもらっても全然構いません。

血管は冷えるとキュっと収縮し、温まると血管が開きます。

この反応を利用して、血管を刺激して血流を良くする方法です。

人間の身体はホメオスタシスといって環境の変化が起こっても、できるだけ現状を維持しようと働く力を持っています。

もちろん、身体が冷えればシバリングと言って、ガタガタ震えるように筋肉を動かし熱を産生しますし、体内に熱がこもって暑くなれば汗をかいて熱を放出させます。

末梢の手足を一時的に冷たい水につけるとその反作用で身体を温めようとする反応が出現します。

冷やしっぱなしになると冷え切ってしまうので、その後に温めてあげた方がより効果的です。

この冷やすと温めるを交互に行う事で、人間の身体が元々持っている反応を引き出す事が温冷交代浴の目的です。

してみたら分かると思いますが、終わった後はその部分がポカポカ身体の奥から暖かくなりますよ。

空腹時間を取る

末梢血流を良くするためには「空腹時間」も重要です。

胃腸は食べ物が身体の中に入ってくると消化・吸収をしてくれますが、この消化・吸収の働きをする時に、身体の血液は内臓に集中します。

内臓に集中するという事は手足の末梢や脳への血流量が一時的に少なくなるという事。

食後に眠くなるのは、内臓に血液が集中するため一時的に脳の血流が少なくなるためなんです。

この空腹時間をきちんと取らずに、だらだらと食事や間食を取ってしまうとずっと末梢の血流は悪いままです。

空腹時間があると胃腸も休めますので、胃腸の働きも良くなるので血液の質が上がる事も期待出来ます。

 

まとめ

冷え性の原因は血流の悪化です。

末梢血流が悪くなる事で血液が冷やされてしまい、その血液が身体に戻ってくる時に身体の熱を奪う事で冷え性になります。

冷え性の予防には末梢の血流を良くする習慣が大事で、「身体を冷やさない」「温冷交代浴」「空腹時間」を生活の中に取り入れましょう。

徐々に毛細血管が活性化され末梢の血流が改善します。

末梢の血流が改善する事で冷え性の改善が期待出来ますよ。

それでは今回の内容は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。