» 覚えておくと便利なツボです。(その2)|出張マッサージ 鍼治療|ぱんだFACTORY!へようこそ。ただ揉むだけではない、体の芯からコリやハリをほぐします。

覚えておくと便利なツボです。(その2)

2015/05/07

何故か表示されていないので再度アップします。
2つ目の役に立つツボとして生理痛などに効くツボを今回はご紹介します。

女性のツボとしても使う「三陰交(さんいんこう)」です。 三陰交

足の脛の内側にあり、うちくるぶしの最も高いところから指四本上で脛の際にあります。

ここは生理痛だけでなく冷え性や更年期障害にも有効なツボです。

私が実際に使うときは生理が始まる前に皮内鍼(ひないしん)と言う刺さない鍼を貼っておきます。

すると経血が少なく痛みも軽減されます。

みんながみんな効くという訳ではないですが、始まるまでにそこを刺激しておくと痛みがましになるようです。

生理が始まり3日ほどしたら押しても痛くなる人が多くなります。

そしてそこを刺激してもまだ痛い場合は血海(けっかい)というツボを使います。

血海

ひざのお皿の内側から上に2寸(指3本)ぐらいあがったところにあります。

名前の通り血を司るツボです。

ホルモンバランス調整するツボなので始まるまでは痛く有りません。 しかし生理が始まったら途端に押されると痛みが出ます。

ここも知っておくと良いかもです。

後は関元(かんげん)というおへそから下3寸(指4本分)に刺激を与えたり温めると痛みが軽減します。

一度やってみてください手(パー)