» 罨法の紹介|出張マッサージ 鍼治療|ぱんだFACTORY!へようこそ。ただ揉むだけではない、体の芯からコリやハリをほぐします。

罨法の紹介

2015/03/08

罨法(あんぽう)とは身体の一部に温熱または寒冷刺激を与えて行う治療法を言います。

 

温罨法と冷罨法とがあります。

 

湿布は罨法の一つで,布に温水か冷水,ときには薬剤をにじませて,所要の部分に当てる。

 

一般的に炎症や痛みには冷罨法を用いるが,局所の充血吸収の促進,鎮痛には温罨法のほうが大きな効果をあげることが多い。

 

私が行っている罨法は温罨法で瀬戸物で出来た器具を使っています。

 

瀬戸物の先から遠赤外線を発生させる事により、対象物に熱を与える効果があり、暖房や調理器具などとして利用されています。

 

この器具を使い患部を温めながら治療していきます。

 

下半身の冷え、坐骨神経の張りや神経痛に効果があります。

 

罨法を使わないで施術するよりも下半身の冷えや張りが、痛みも少なく改善します。

 

まだ寒い日が続くこの時期には非常に効果的です。

 

罨法をするからと言って別料金を頂く事もありませんので、冷えが気になる方は是非お気軽にお申し付け下さい。

 

ちなみに冷やしたら良い冷罨法ですが、急に痛みが出た時に有効です。

 

ぎっくり腰だけでなく、寝違え等痛みを伴うものには冷やすのが有効です。

 

と言うのも痛みを感じる痛点は冷やされるとそれも痛みと認識するのです。

 

かき氷を急いで食べていると頭が痛くなるのはそう言う事です。

 

ある程度冷やしていると(5分から10分程度)冷たいとか痛いと言うのを感じなくなります。

 

冷やすのを止めた後も痛みも軽くなっていると思います。

 

是非お試し下さい。